正月太りは即痩せ可能!コツは食事回数?

キーワード:

以前、当サイトの『消費カロリーと摂取カロリー』の記事でも紹介しましたが、使うエネルギーより食べるエネルギーを少なくすれば、確実に痩せられるのです。
動くために使用するエネルギー量が少ない生活が続けば、エネルギーは脂肪となって体に蓄えられてしまいます。

まさに、正月休みのような長い休暇では、季節的に寒いことも手伝って、積極的に動く機会は少なくなっていませんか?
短期間で付いた脂肪は、短期間で撃退が可能なんです!
永久的に体に蓄積されてしまう前に早々にリセットしちゃいましょう!

例えば1食を抜いて1日2食とした場合、空腹期間が長くなってしまい体はエネルギーの吸収を高めようと働いてしまいますから、体脂肪が多く蓄積される羽目になります。また空腹を解消するため間食をしてしまったり、1食あたりの量をたべ過ぎてしまえば返って太りやすくなります。

特に朝食でとったエネルギーは1日の活動の中で消費されるので、多めにとっても問題ありません。その代わり消費されにくい夕食を、カロリーの低いダイエット食品などで代用すれば、栄養を損なうことなく満腹感もあるので、苦痛を感じずにダイエットが可能です!

さらに、夕食はできるだけ睡眠の3時間前までに食事を終えることがダイエット効果を上げるコツです!
正月太りは焦らず落として、元のスタイルを取り戻しましょう!

point11_9サトエリ愛用「ビエナゼリーライブラリー
point11_9痩身と美容を備えた「ぷる肌ダイエット

プロピルヨーグルト
今注目の第3世代プロバイオティクス!CMでもお馴染みの『プロピルヨーグルト』