「痩せ願望」が引き起こす健康障害に注意

キーワード:

若い女性に特に多い「痩せたい!」という願望ですが、実はその多くが痩せる必要がないのに、偏った食生活を送っていたり、極端なダイエットを繰り返しているという統計があるそうです。
「痩せたい」を目的としたダイエットでは、多くの健康問題を引き起こすリスクを含めていることを忘れてはいけません。

続きを見る...続きを見る…

ノンカロリーやカロリーゼロなのに太るワケ

キーワード:

「カロリーゼロと書かれているモノだけを摂取すれば痩せるのか?」と気になるところですが、巷に溢れる「シュガーレス」や「カロリーオフ」といった表示を誤解している人が多いそうなので、カンタンにまとめてみました。

◆糖類ゼロ、糖分ゼロ、糖質ゼロ、無糖、ノンシュガー、シュガーレス、シュガーフリーなど
 ・食品:糖類の含有量が100gあたり0.5g未満
 ・飲料:糖類の含有量が100mlあたり0.5g未満
つまり、350mlのジュースであるならば、最大17.5キロカロリーを摂取する可能性があるということ。

◆糖分軽め、糖分控えめ、低糖 微糖、糖分カット、カロリーライト、糖分ライト、糖分ダイエット、カロリーゼロ、ゼロカロリー、ノンカロリー、カロリーレス、カロリー無しなど
 ・食品:糖類の含有量が100gあたり5g未満
 ・飲料:糖類の含有量が100mlあたり2.5g未満
つまり、350mlのジュースであるならば、最大87.5キロカロリーを摂取する可能性があるということ。

◆カロリーオフ、糖分カット、糖分オフなど
 ・食品:糖類の含有量が100gあたり40g未満
 ・飲料:糖類の含有量が100mlあたり20g未満
つまり、350mlのジュースであるならば、最大700キロカロリーを摂取する可能性があるということ。 「糖分」や「シュガー」には砂糖だけでなくブドウ糖、果糖、麦芽糖、乳糖なども含まれています。

例えば「カロリーゼロ」表記。
ジュースに糖類が2.5g未満しか入ってないのに甘味を感じるのは、足りない甘さをパラチノースやオリゴ糖、ステビア、キシリトールといった糖類以外の原料から作られた人口甘味料で補糖しているためなのです。
糖類によるカロリーは基準値を満たしているので低糖をアピールできるというわけ。

「カロリーオフ」「ノンカロリー」と表示されていると、太る原因になるカロリーは一切摂取されないのでは?と思ってしまいますが、表示にない含有カロリーがあるので、案外ダイエットアイテムとしては不向きかもしれませんね。

⇒ダイエット成功者の9割が実行したのは運動ではなく食事に気をつける方法!
バランス良く健康的にじっくり【ぷる肌ダイエット】で痩せよう!

置き換えダイエットを始めよう!(スイーツ編)

キーワード:

ゼリー、クッキー、プリン、黒蜜寒天、おせんべいやドーナツまで。
置き換えダイエットのスイーツタイプ、種類が本当に豊富です。
調べてみるとなんとチョコレートやケーキもあるんですね!
ダイエットの天敵のようなスイーツだけにビックリです!!

続きを見る...続きを見る…

置き換えダイエットを始めよう!(ドリンク編)

キーワード:

『ダイエットドリンク』を検索するとワラワラ出てくるのが酵素ダイエット。
他にも低カロリーで栄養バランスが考慮されたスムージー、シェイク、スープや、水や豆乳で割るプロテインダイエットなどのドリンクタイプも沢山発売されています。
スープやシェイクといった商品は味の種類が豊富で、毎日続けても飽きがこないように工夫がされていますし、「今日はどれを飲もうかな?」とお楽しみ要素もバッチリ!とにかく手軽ですよね!

続きを見る...続きを見る…
プロピルヨーグルト
今注目の第3世代プロバイオティクス!CMでもお馴染みの『プロピルヨーグルト』